事業経営者がファクタリングで失敗を防ぐためのコツ

ファクタリングを賢く行うためのコツ

ファクタリングが必要となるケース

事業経営をする中で、売上が出なくて手元に現金が無かったり、突然の出費が嵩んだりするケースは起こりかねません。ファクタリングは1つの方法ですが、手数料が掛かる分使い方を選ぶのも必要ではないでしょうか。

例えば、長年付き合いのある得意先企業が、売掛金で取引をした際にスムーズな支払いに応じない場合。都度催促をするのも良しですが、何度も続くと時間と労力を要します。ファクタリングにより資金繰りの改善や取引の見直しを図るのも良いでしょう。ある程度の金額が回収できるうえ、自分の身も守れます。

他には、売上があっても手元に現金が無いと、黒字倒産の事態に陥りかねません。リスクを下げるために、ファクタリングを利用するのも良いでしょう。ちなみに見積もりや審査だけの依頼も、ファクタリング会社は応じてくれます。ただし、執拗な営業をする所はお断りするのがオススメ。

ファクタリングがあるから安心ではない

事業経営をするうえで、売掛金を軸にして取引をする所はあるかもしれません。特に高額な売買があったり、取引先企業に信頼があったりすれば、その進め方もアリ。また、人によってはファクタリングをすれば、もしもの時も安心と考えがち。

とはいえ、ファクタリング会社に依頼をすれば、少なからず手数料は掛かります。利用回数が重なると、手数料だけで高額となりかねません。ファクタリングに頼らず回収できる方法を見つけることや、事業経営が苦しくならない程度の現金は手元に持っておくのがオススメ。

取引業者の中には、最初から売掛金を基にして取引を行う場合も。特に情報の少ない企業だと、取引後すぐに返済不能のまま逃げられるケースも。できるだけ長く事業経営をするなら、自分の身を守るために取引業者選びは欠かせません。


この記事をシェアする