事業経営者がファクタリングで失敗を防ぐためのコツ

保証型ファクタリングを利用する際のポイントは?

保証型ファクタリングをする強み

売掛金のある企業が、事業停止や倒産と言った状況に陥りかねません。特に近年では感染症ウイルスや景気悪化と言われており、取引先の事業経営が好調であっても突然悪化する事態も起こりかねません。特に新規事業者の場合だと、相手の景気状況が分からないケースも。

保証型ファクタリングを付けておくと、取引先の事情によって売掛金が返済不能の状態になっても概ね回収可能。手数料は掛かることや回収までに日時を要しますが、手元に売掛金が入ることは安心できるポイント。

ただし、ファクタリング会社によっては、売掛金が100万円以上でなければ対応してくれません。また、数万円単位の小口案件で都度審査を行うのも、手数料や労力を考えたら事業経営者にとってメリットが少ないかもしれません。

取引業者との付き合いを見直すのも大事?

得意先企業や新規で取引を持つ企業と売掛金を活用した取引をするのも、事業経営をするうえで大事な作業。しかし、回収できなければ収益が得られません。

保証型ファクタリングを活用して収益を得られるようにするのも1つの方法ですが、都度手数料が掛かったり回収まで時間を要したりするのを考えると、あまりプラスとならないのではないでしょうか。

例えば、得意先企業でこれまで現金払いだったのが売掛金になったり、事業経営の規模を縮小していたりする場合も。その際は、経営状況が悪いと判断すると良いでしょう。

他には、新規で取引を持つ企業であれば、経営状況が分からないケースも。ファクタリング会社が利用前に与信調査を行いますが、経営状況が悪い所はファクタリングがお断りとなる傾向。下手をすれば売掛金の回収ができないかもしれませんが、今後の取引や事業経営するうえで活かすことができればプラスになります。


この記事をシェアする