ファクタリングのメリット・デメリット

事業経営者がファクタリングで失敗を防ぐためのコツ

買取型ファクタリングを利用する場合のコツ

例えば、事業経営者で業績悪化に伴い手元に現金が少ないケースはあるかもしれません。取引先からの売掛金があれば、売掛債権の現金化が可能なシステムなのがファクタリング。

ファクタリングには種類があり、売掛債権を第三者へ譲渡を行い現金化するのが買取型。売買契約が成立した後、債券価格から手数料を引いた価格が現金で受け取れます。信用審査が無く、業績が浅い事業経営のような信用が低い会社でも資金調達ができるのは1つの強み。ただし、ファクタリング会社に別途手数料支払いが必要。会社によっては高額な費用となりかねません。また、足元を見た対応をされる場合があるから、注意は必要です。

取引先が業績悪化などの理由で倒産してしまうと売掛金は回収不要となりますが、その回収が保証されるのが保証型。ファクタリング会社が売掛金を支払ってくれるシステムで、貸し倒れのリスクが無いのは安心できるポイント。なお、取引先の信用が低い場合だと信用調査が必要。クリアした段階で保証金が決まる流れ。他には、取引先が倒産した後の債権管理が不要なので、事務手続きの手間が省けるのも1つの強み。ただし、別途保証料が発生して、相場は保証金の3から8パーセント。売掛金の金額が大きければ、手数料負担が掛かるかもしれません。

ファクタリングの利用をする際、できるだけ早く手元に現金が欲しい時は買取型を選ぶのがオススメ。売掛金の返済不能といった事態を回避したい場合は、保証型を選ぶと良いでしょう。

このサイトでは、より上手にファクタリングを利用するためのポイントを紹介。賢く活用して、手元に資金が無い状態を回避するようにしましょう。

最初にファクタリングの仕組みを確認

資金繰りが厳しい時に、取引先の売掛金が有れば買取型ファクタリングを利用するのは1つの方法。仕組みについて詳しく確認を進めて、事業経営を上手に運用するのはいかがでしょうか。しかし、ファクタリング会社選びを間違えると、却って損をする原因となりかねません。

保証型ファクタリングを利用する際のポイントは?

売掛先の企業が業績悪化をしたり、過去に返済遅れがあったなどの理由で返済してもらえる保証が無かったりするかもしれません。保証型のファクタリングを利用すると、保証金が得られるので全額損をしてしまうリスクは無し。ただし、保証料が掛かり、条件次第ではお断りとなる可能性はあります。

ファクタリングを賢く行うためのコツ

買取型や保証型のファクタリングを上手く活用できれば、事業経営にプラスに作用できるはず。例えば、高額な人件費が発生して支払いが難しい状況であったり、いくつもの支払いが嵩んだりした場合に利用すれば、きっと助けになります。ただし、ファクタリングに頼り過ぎる事業経営はオススメできません。